しねばいいのに

ダイソン球移築中

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
12・24Xマス爆砕大衆行動 非モテの団結を示威せよ!
反白色テロル大連帯の中の人も来るらしいので、明日はアキバでデモって来ます。


粉砕するぞ!


哀しく無い、哀しくなんて無いんだ…
スポンサーサイト
| 未分類 | 22:29 | トラックバック:0コメント:2
釣りだと言ってよ、バーニィ
こういう女性、本当にいるんですね。ココまで酷いと言葉を失うなあ。

「自分より下の生き物には用はないです(笑)」

凄いよ。感心する。この自信は何処から来るんだろう?
まあ匿名座談会なんて「実在」の人物か分からないのでマジレスするのもナニですが。
 きっとこういう人達には世の中の隅っこで呻吟している虫けらの様な人々は目に入らないのでしょうね。だから言ってるじゃありませんか。労働によって人間が成長するとは限らないんですよ。むしろ目前の目標に向かう事によって内省を奪われて、劣化する場合すらある。
| 未分類 | 23:55 | トラックバック:0コメント:0
理想は温泉の若旦那
どういう訳か「私はとても苦労しました」というのは世間様の受けがいい。しかし、とても過酷な条件におかれた人への同情、というよりは苦労が自己目的化している様に見えるなあ。「我慢して努力したから立派になりました!」という神話を保持したいがため、というか。
おっさんは子供の頃の貧乏話が大好きですからね。それが西原理恵子の様にギャグに昇華されれば良いんですが、ただのマゾヒズムに堕している。
 ドラえもんでのび太君のパパが恐ろしい程典型的な説教をかますエピソードがあるんですが、そのときの台詞が
「つらいこと苦しいことに、ドンとぶつかって行け!! 」
いやはや、疲れますなあ。

 
[理想は温泉の若旦那]の続きを読む
| 未分類 | 00:21 | トラックバック:0コメント:0
ドーム都市?
カザフスタン、首都全体をテントで覆う?
えらい景気のいい話だ、と思ったらドームで覆われるのは長径200m程度の範囲らしい。あーびっくりした。極端に寒い割に降雪量の少ない、中央アジアの様な気候では温室としての効果が大きい様に思われる。この規模だったら数億US$程度で済むんじゃないか。
 しかし中々21世紀らしい心温まるガジェットではある。設計はノーマン・フォスター卿の事務所。ロンドンの怪しげなビルやら世界一高い橋やら仕出かしたところなので何となく納得。



garkin.jpg

[ドーム都市?]の続きを読む
| tech | 22:36 | トラックバック:0コメント:0
魯鈍の生きる道
少なくとも私は企業が積極的に雇いたいと思うような人間ではない。冷笑と皮肉を込めて世を斜に眺め、怠惰から抜け出す事が出来ない。
鬱・非モテ・自虐のありがちな盆暗。職業意識がひくく、生きて行ける程度に稼げれば、定時以上に働きたく無い。不器用で言われた事をこなせない。適当なことを言ってごまかせば良いのに、それはプライドが許さない。
 だからこのinoue師の話は身につまされる。それが下らない嘘であれ、騙っておくべき場面はある。しかし体はそれを裏切る。どんなに不謹慎でも不適当でも、口をつくのは毒ばかり。就活セミナーの学生と並んでいると吐き気すら催す。愚にもつかねえ空言をくどくどと並べやがって。公務員試験の面接なんて偽善を並べなければ受かる筈もないのだが、「公共の福祉」なんて言えるだろうか。
 実際のところ、院の卒業見込みが出そうに無い私が就職出来るのは公務員くらいなのだが、地方だったら色々言われるだろうなあ。東大なんて出なきゃ良かったのか?なんとか国家に潜り込むしかないか。

やっと就活ブログらしい事を書いた。
| 未分類 | 22:43 | トラックバック:0コメント:2
安下宿共斗会議
デモに参加するというのは、ある世代にとっては「危険」とも呼べる行為だ
その印象を与えるのは他でもない、警察の存在である。なにしろ平和に音楽を流して歩くだけで警官に怒られ公安が湧いて来て写真を撮るのである。一般人はビビる。怖いよそりゃあ。公安だってそこまで暇ではないので就職先に廻って来たりはしないだろう、と頭では分かっていても。
 しかし考えてみればおかしい。デモは正当な政治活動で、暴動じゃあないのだ。何が怖い?ほんの少しでも肩が触れれば転び公妨で逮捕だって出来る。兵力でも圧倒的に上回る"奴ら"は何に怯えている?直感的に気がついているのか?この国は既に「とことん腐りきったドアは、鍵をさがす必要もない。ちょっと蹴ってやればすぐ倒れて開くのだ…」(ヒットラー)という状況にある事に。馬鹿馬鹿しい。デモは既に、その一蹴りにすらなりえないのに。
そんな風に思っていたところに、以下の動画を見つけた。
[安下宿共斗会議]の続きを読む
| 社会 | 02:55 | トラックバック:0コメント:0
帆ほほほ
 考えてみれば世の中、帆船というのがほんの少し前まで駆け回っていた訳だ。機帆船なら第2次大戦の頃まで現役だった訳だし、その速力も貨物船としては十分満足出来るもの。これを活かせるんじゃね?と思うのも妥当なお話。実際に80年代に日本でも帆装タンカーの「新愛徳丸」が造られ、10%程度の燃費改善を示していた。aitoku.gif

しかしこれは固い金属製の帆をコンピュータ制御する物で、なんぼ何でも仕掛けが大仰すぎる。

 そこで最新版がドイツのSkysails社。いわば巨大な凧で船を引きずり回す訳ですな。
skysail.gif


単純にカイトサーフィンの巨大版にも見えますが、理屈としては良い様な気がする。要らなければ畳めば良いので、固い帆の様に制御にやかましくも無い(そうしないと壊れる)。
後は間切って風上に進む際の操縦性か。

貨船なんて基本的に燃費が全てなので、5%でも改善すれば大助かり。しかもこれなら船価もかからない。意外に一気に普及するかもしれない。

| tech | 02:49 | トラックバック:0コメント:0
個人用飛行船
これは凄い。世界初の個人用飛行船、Skyacht

Skyyacht.jpg


 もっとも世界初なのは商用飛行船としてであって、Alberto Santos-Dumontは自ら制作した飛行船にのって、パリ上空を気ままに散歩したという。第1次大戦前の、優雅な夢が再び戻って来たといった感じ。
santos.jpg

しかしSkyachtは熱飛行船なので、到底”静か”とは行かないだろうなあ。燃費も著しく悪そうだ。短時間のフライトには高価なヘリウムより良かろうが。
また飛行船というのは一般に地上要員がかなり必要(係留するため)なので、現在の熱気球以上の手と金のかかる道楽になるのは疑いない。
 産総研の恩田昌彦氏が提唱していたような機動性と、自動化(特に地上側)がなされると面白い物になると思うんですが。

[個人用飛行船]の続きを読む
| tech | 00:07 | トラックバック:0コメント:0
老害
こういう面白い人たちがいるから保守はこたえられない。「諸君」や「正論」を嗤いながら読むのと同じ屈折した喜びである。ただし、現実に影響を及ぼさなければ、の話だ。もし些かなりとも反映されるのであれば、嘲ってばかりもいられない。
 小学生の頃、私はどうあっても”困った子”だった。恐らくは八木ちゃん言うところの「戦後教育の犠牲者」(笑)。クラスの流れという物に従えない。宿題も出さない。教師は最後、何も言わなくなった。始末の悪い事に事前にやっていようといまいと学校で出される問題など即答出来たから。当時は朝の読書の時間など無かったが、もしそう言われたら公然となるべく下らない本を読んでいただろう。
 未だに忘れ得ない悪夢は大縄跳びである。いくらやっても苦手なんだよ。大会の日とか休んだもん。その場で行われていたのは、正に疎外、しかも団結の美名のもと正当化されたそれだった。
 日本人の美徳?公に奉仕する精神?良識派?問題は一切そんな事の養成には無い。私を嘲笑った連中は、今とても”立派な”社会人になっているらしいからな。おそらく私はばいきんまんで、あいつらが「正しい」のだ。市民なんていやしねえ国で道徳教育?ムラ社会の住人を量産するだけだ。
 家庭教師をしていると、時折自分の分身の様な生徒がいる。彼ら彼女らを『学級』から解放するために、何かをしてやりたい。そのためにも、この教育”再生”会議を名乗る念力主義のクズ共を許したくない
| 社会 | 03:46 | トラックバック:0コメント:0
移転
ここから移築。といっても恐ろしく放置だったが。一応就活ブログの予定。
| はじめに | 21:52 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

enceladus

Author:enceladus
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。